Chrome拡張機能 フォーム自動入力の方法 【AUTOFILL】

form_input

こんにちは。菜笑[なえ] (@nae310_)です。

今回はGoogleChromeの拡張機能 【AUTOFILL】についてです。
この拡張機能があればフォームの自動入力を行なってくれます。

以前こちらのJavaScriptを使った自動入力の方法を紹介しました。

ですが拡張機能を使う方が手軽で便利ですね。

今回は以下の順番で解説していきます。

  • AUTOFILLのインストール方法
  • AUTOFILLの使い方
  • おわりに

AUTOFILLのインストール方法

Chromeの拡張機能を使ったことある方は、特に問題ないかと思います。

まずは、こちらのページにアクセスしてください。
Autofill

Chromeに追加をクリック。

拡張機能追加をクリック。

右上にカミナリマークが表示されたらOKです。

AUTOFILLの使い方

データの保存方法

フォームのあるページを開いたら、右上にあるカミナリマークが黄色くなります。

もし黄色になっていなければ、ページを再読み込みしてみてください。

フォームの保存したいデータを入力して、カミナリマークをクリックします。
そうすると、ページ上部にこんなバーが表示されます。

③Generate Autofill Rules のボタンをクリックしてください。
Done と表示されたら保存されています。

本当に保存されているか確認するために、一度ページを離れて、もう一度今のページにアクセスしてみてください。

すでに先ほど入力した値がフォームに入力された状態になっているはずです。

また、カミナリマークにも今開いているページで使用できるデータの数が表示されるようになります。

保存データの更新方法

値の内容を書き換えたい場合は、もう一度カミナリマークを押してデータを保存すれば既存のデータが更新されます。

もしくはAUTOFILLのオプションからデータを編集することもできます。

オプションを開くためにはカミナリマークを右クリックして、オプションの項目を選択してください。

そしてこのページが開いたら「Value」という部分の内容を書き換えればOKです。

おわりに

テストなどで何度もフォーム入力をする場合は、本当に助かる拡張機能です。
今回は全てテキストボックスでしたが、セレクト・チェックボックス・ラジオボタンなどにも対応しています。

以前のJavaScriptのものだと、使うまでに毎回準備しないといけなかったので、こちらの方が簡単に使えますね!

ただ保存したデータはローカルのハードディスク内に保存されますが、暗号化されているわけではありません。
なのでメールアドレス、クレジットカード番号など個人情報に関わるもは注意しておきましょう!

誰かにPCを貸したりしたときに、全部情報見えてしまうなんてことにもなりかねないですからね。
もう使わなくなったデータは、こまめに削除しておいた方が良さそうですね。

SNS

Twitter:@nae310_
Instagram:310nae