はじめてUberEats使ってみました

uberEATS

アウトプット大全の本を読んで日記を書くことにした、まず第1発目。

タイトルにもある通り、今日は初めてUberEatsを使いました。
たまたまメールをチェックしていたら1,000円クーポンがあったので。笑

迷った末、インドカレーとナンを注文。

まさか、この注文からエンジニアとして、気をつけないといけないな。ということを学ぶことになるとは。

まずは、確認画面大事!

ちゃんと入力されていたと思っていた住所が間違っていました。
注文前に登録住所を確認する画面などがなくて、注文時には全く気づけませんでした。

確定前か、確定後でもいいから確認できる画面は実装必須だと思いました。

そして、送信テスト大事!

住所の間違いに途中で気づいて、ドライバーさんにアプリからメッセージを送るも、届いてなかったみたいで、配達開始後20分くらいして電話がきました。

でも英語しか話せないようで、コミュニケーションに四苦八苦。
(中国語と韓国語だけじゃなくて英語も勉強しないと…)

何とか正しい住所を伝えることができましたが、すでに配達開始から30分以上は経過していました。

自分もメールの送信テストとか面倒だなと思っていたんですが、今後は今回のことを思い出して、しっかりテストもやって行きたいです。

最後に、修正画面大事!

注文時まだお腹減ってなかったので、2時間後くらいに届けてもらうようにしておきました。

でもその後30分も経たず、強烈な空腹に襲われたので配達時間変更できないかなと思い、アプリを開きました。

そうすると、どこにも変更できる場所がない!
PCからアクセスしてもない!

Q&Aを見ると、カスタマーセンターにお問い合わせくださいとのことでした。

そこまでするのも面倒だなーと思い結局2時間後に届けてもらったのですが、修正することの大切さも感じました。

カレーが届くまでに気づくことはたくさんありましたが、最終的には美味しいカレーをいただけて良かったです!

配達員さんも住所が違って大変だったと思うけど、ありがとうございました!

使ったことないサービスは、意識的に使ってみると気付きがたくさんあるかもと思う1日でした。

おしまい